爽快アクションRPG 「SAO・メモデフ」

「SAO・メモリー・デフラグ(通称:SAOメモデフ)」の原作は、MMORPGが普及した世界を舞台にした超人気のライトノベル「Sword Art Online(通称:SAO)」です。

今は「アリシゼーション War of Underworld」編がテレビで放映されていますね。

このゲームは2016年に配信が開始されており、今年で4周年、200万ダウンロードを突破している超人気作で、爽快アクションがまた、楽しいんです

では、レビューしていきたいと思います。

出会いはイククル

描かれるSAOの世界観

ゲームに入り込める作り

「SAOメモデフ」を、やってみた感想として、結構、原作の雰囲気を大切にして作られている印象を受けますね。

まず、最初のタイトル画面ですが、スタートのアイコンが「Link Start」となっています。

これは原作で、SAOの世界に入る時に発する言葉で、本当に「今からSAOの世界に入ってくんだな」というワクワクな気分にしてくれます!

さらに、個人的に好きな演出は、メモデフのロード画面ですかね。

本当に、自分の意識や感覚がSAOの世界に転送されていくかのような演出になっています!

そして到達するのが、タウンと呼ばれるホーム画面となります。

ここには、現在、ゲームにリンクしているプレイヤーが表示されます。

タウン内は自由に動き回ることができ、攻撃モーションを繰り返したり、ジャンプしている人など、多くの人を確認できます。

クエスト攻略で追体験

「メモデフ」はクエスト攻略で、ストーリーが進行していきます。

アニメ展開にしたがって進行していくので、有名シーンなどを追体験することができます。

イベクエや時間限定クエ

メインクエストのほか、イベントクエストや、時間限定クエストなどもあります。

時間限定はレアなので、出たらラッキーだと思ってください!

Expポーションというレベル上げをサポートするアイテムを落とすラグー・ラビットが出現するクエストも存在します。

クエストクリア後に、報酬入りの宝箱が3つ出現するので、そこから1つを選んでゲットします。

宝箱を追加で開けたい場合は、メモリーダイヤ(課金用のアイテム)を5個消費することで、もう一つ開けることが可能になります。

ボーナスミッションも用意

各クエストにはボーナスミッションもあります。

ボーナスミッションクリアで、貴重なメモリーダイヤを獲得できます。

特定の時間内クリアで、ミッションランクがSとなったら、獲得Expにボーナス20%が加算されます。

ブーストアイテムを利用しよう!

クエスト開始前に「ブーストアイテム」を利用することが出来ます。

これは、コルや経験値を2倍獲得できるレアアイテムとなっています。

ビッグイベントの際などは、積極的にブーストしていくのがいいと思います。

爽快バトル楽しもう!

アクション性の高いシステム

ゲーム内では、アクション性の高いバトルシステムが展開されます!

まるで、SAOアニメの戦闘シーンを見ているみたいで、楽しいですね!

スワイプ操作でフィールドを駆け巡り、タップで回りにいる敵を攻撃することが可能です。

画面左のソードスキルも、ワンタップで発動させることができますよ。

ガードは長押し

画面を長押しすることで、敵の攻撃を「ガード」することができます。

ただし、ガード値が0になると、約3秒間のスタン状態(行動不能)になるので使いすぎはやめた方がいいですね。

ガードができない遠距離武器は、画面を長押しすると、溜め攻撃を行うことが可能になっています。

パリィとスイッチ

そして「メモデフ」のバトルの特徴といえるシステムが、「パリィ」と「スイッチ」です。

パーティは最大3名と助っ人1名の合計4名で構成されることになります。

バトルに参加できるのは、自分の操作キャラと助っ人の2名だけです。

そのため、連れて行くパーティメンバーは「スイッチ要員」として使用することになりますね。

目が赤い瞬間を狙え

パリィというのは、相手の攻撃を弾く動きのことで、敵の隙を作れます。

敵の目が赤く光った際に、タイミングを合わせて、画面を上にスワイプするとパリィが発動する仕組みになっています。

そしてパリィで作り出した敵の隙を突いて、味方に切り込ませるのが「スイッチ」となります。

出会いはイククル

原作アニメでも登場!

パリィが成功した際にキャラクターアイコンをタップすれば、キャラクターのソードスキルが発動し、交代と同時に高ダメージの攻撃を繰り出すことができます。

これは、原作アニメにも登場するバトルシーンから取り入れたものなんですよ!

連続ヒットでダメージアップ

攻撃を連続ヒットさせることで、10コンボ毎に5%ダメージUPします。

途切れずに、攻撃を当てることで、ドンドンダメージが加算されるので、後半戦はコンボカウントを繋げるのが大切になってきます。

ボスバトルについて

ボスバトルは原作と同じく、ピラミッド型のライフゲージがボスの頭付近に出現します。

攻撃を当てるとゲージが減少するので、敵を倒す目安としても非常に分かりやすくなっています。

ボスは広範囲に攻撃を繰り出す場合もあるので、危険予知システムが発動し、攻撃前に攻撃範囲が赤く表示されるようになっています。

なので、回避行動かガードで攻撃に備えるといいでしょう。

キャラガチャと武器ガチャ

「メモデフ」にはキャラガチャと武器ガチャがあります。

一度につきメモリーダイヤを25個使用して、11連ガチャは250個で回すことができます。

キャラガチャでは、☆4のキャラクターが獲得できれば、当たりですが、なかなか難しいです。

私自身も10度引いてみて、☆4のキャラは一度も当たりませんでした。

メモリーダイヤの購入を

「メモデフ」はとにかく、メモリーダイヤが貯まりにくくなっています。

なので、キャラガチャはかなり早い段階で回すのが良いでしょう。

そして武器ガチャに、メモリーダイヤを突っ込んだほうがクエストをスムーズに進めることができると思います。

メモリーダイヤの購入金額と個数について、表にしてありますので、確認してみてください。

購入金額 ダイヤ 1ダイヤあたりの値段
120円 5個 24円
600円 25個 24円
960円 50個 19.2円
2,200円 125個 17.6円
4,100円 250個 16.4円
5,400円 360個 15円
9,800円 700個 14円

キャラ育成と能力解放

Expポーション必要

キャラの強化には専用アイテム「Expポーション」が必要となります。

時間限定クエストである「S級食材の落し物」などに登場するラグー・ラビットを倒せば、入手できる可能性があります。

「能力解放」とは

その他、もう一つ能力を上げる方法として「能力解放」が存在します。

「能力解放」を行うためには、クエストで敵がドロップしたり、クリア報酬で獲得できる「結晶」が必要となります。

結晶でステータス上昇

攻撃力の結晶や防御力の結晶など、上昇させたい能力により、必要となる結晶の種類、個数が変わります。

「能力解放」により、容易に能力値を強化できますが、「LV.◯アンロックキー」というアイテムと、それに応じたレベルに達してないと、能力解放を行えないので結局レベル上げが必要ということです。

10レベル毎にロック

メインのキャラを育成しながら同時に能力解放も行っていくと、結構、ステータスに差が出ます。能力解放はこまめにやるといいと思います。

「Lv.◯アンロックキー」は、クエストクリア後の宝箱や、ドロップで手に入れることができます。

レベルは10レベル毎にロックされており、「10レベル上昇したら解放」を繰り返すといいでしょう!

まとめ

今回、「メモデフ」をやってみて、リンクスタートの画面、ライフゲージが減少していく箇所など、とてもアニメに忠実に作られていて、好感が持てました

パリィのタイミングなど、少し厳しめな感じもしますが、うまく決まれば、爽快感があって最高です。

SAOを知っているか知らないかに関わらず、アクションものが好きな方はぜひ、やってみる価値はあると思います。

出会いはイククル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です