ポイントサイトからスマホゲームに課金

ポイントサイトとは、広告案件を利用したり、ミニゲームを遊んでポイントを獲得して、現金、電子マネーに交換できるサイトです。登録、利用料は無料で、初めての方でも簡単に小遣い稼ぎができることで人気です。

現在では、ネット収入の1つの柱として定着しているポイントサイトが、スマホアプリを使用したゲーム課金に使用できることで再注目されています

でも、「ポイントサイトは怪しい」「ゲーム課金なんて本当にできるの?」と疑問を抱いている方もいると思います。今回は、そんな方に、うまくポイントを利用する方法を詳しくお伝えします!

携帯キャリアの口座経由が簡単

・ポイントサイト → 銀行口座 → キャリア払い

スマホゲームへの課金には、携帯でのキャリア払いが1番楽でやりやすい方法です。

ポイントサイトでは貯めたポイントを銀行口座へお金として振り替えたり、電子マネーとして交換することが可能です。そのため、携帯料金を支払っている銀行口座に振り込み、ゲーム内でのキャリア払いが一番簡単な方法だと思います。

ポイントサイトから銀行口座へ振り込まれるまでの期間としては、たいてい、申し込んだ日から5営業日前後かかります。携帯キャリアの引き落とし日に関しても、即日ではないので、ポイントサイトから事前に振り込んで支払う形を取ります。

メリットはおつりが出ないこと

キャリア払いの他にandroidであれば、クレジットカードの代用としてVプリカ、iPhoneであるならiTunesギフトで支払うという方法もあります。

他にも、ゲームの運営先によって課金に使用可能な電子マネーが違うので一度、確認してみてください。

電子マネーは通常、500円、1000円単位での発行のため、アプリゲーム課金では、どうしても端数が余ってしまうことが起こります。スマホゲームを見ていると、だいたい数十円という半端な価格単位で売っていることが多いです。

例えば、500円のVプリカを購入し、アイテムの金額230円だった場合、2つ買うと460円で40円のおつりが出てしまいます。

銀行口座引き落としであれば、端数を気にすることなく利用することができますよね。また、最小で300円から換金可能なポイントサイトであれば、電子マネーで500円分を購入するよりもより早い段階で課金することができます。

デメリットは使い過ぎること?

口座引き落としのため、あと数百円でまだ購入できるのであればと、ついついポイントサイトで稼いだ分よりも多額のお金を使ってしまう可能性もあると思います。

もし、使い過ぎが心配であれば、電子マネーにして使ったり、一度、現金にしてから、電子マネーを購入するというような方法もあります。

Vプリカや電子マネーにも交換可能

電子マネーは種類が豊富

交換先が多いポイントサイトでは、モバコインやウェブマネー、ドットマネー、G-money、LINEギフトコード、楽天Edyなどの電子マネーへと交換可能です。

ポイントサイトに応じて、交換先が違うので、メインで利用する電子マネーに交換可能なサイトを探してみるのも一つの手段です。

最近は、ドラッグストアやコンビニで各種電子マネーを気軽に購入できるので、銀行で現金化してから購入する手段もありますね。

Vプリカを使った例

LINEゲームに使うことができるVプリカ。VISA発行の電子マネーで、様々なショッピングのクレジットカード払いで使用できます。18歳以上から審査なしで利用できます。

———使用手順———
1.Vプリカのサイトで会員登録(初回のみ)
2.ポイントサイトでVプリカ発行コード取得
3.Vプリカのコードを入力しカード作成
4.スマホゲーム画面でクレジット払い選択
5.カードIDとセキュリティコード入力

お金の使い過ぎを防げる

携帯キャリア払いでは銀行口座からの引き落としなので、どんどん使えてしまうので、使い過ぎる可能性がありますが、電子マネーは金額が決まっているので、その可能性が低いです。

年齢制限があるので注意を!

年齢制限以下の方はポイントサイトから、携帯料金を払っている指定口座に振り込むか、中学生から作ることができるゆうちょ口座に振り込むのが、オススメですね。

課金アイテムは数十円単位が多いので、おつりが出てしまうのが不便ではありますね。

ポイントサイトは本当に換金できる?

ポイントサイトそれぞれで異なった特色があるため、一概には言うことはできませんが、ポイントの貯め方の傾向を紹介します。

ミニゲームや広告クリックでポイント獲得

ミニゲーム参加や広告クリックなどでポイントが獲得できます。お楽しみ程度の内容ですが、ポイントサイト継続のために参加したいですね。
ミニゲームでポイントを獲得しやすいのは、「moppy(モッピー)」です。

広告案件を利用

ポイントサイトは、基本、広告案件利用でポイントを獲得します。

無料のアンケートサイトや、コミュニティサイトなどへの会員(メンバーズ)登録、資料の請求、口コミ、レビュー投稿などでポイントを獲得できます。

オンラインショップ(楽天市場やYahoo!ショッピング、ニッセンなど)の利用や、クーポン、オークション、家電、書籍、ファッション、コスメなど多くの店舗利用でポイントが獲得できます。

「じゃらん」や「るるぶ」などの旅行サイト、国内外へのツアー、航空券発行などでもポイントが獲得できます。保険相談やクレジットカード発行などはポイント高めです。

スマホアプリも対象

無料のアプリダウンロードにより、ポイントが獲得できる人気のメニューです。もちろん、有料アプリ、キャリア公式のサービスもポイントの対象となります。

友人紹介で特典ゲット

多数のポイントサイトには、友人紹介の特典があります。リアルの友人はもちろんのこと、インターネット上でも紹介できるため、気に入ったポイントサイトを宣伝してみるといいかもです。

無料サービスでも数百円分のポイントを、確実に獲得できるので、まず換金ができないなんてことはありません。

なぜゲームでもポイント獲得?危険性はない?

ポイントサイトは、広告での利益の一部を利用者にポイントで還元し、何度もリピートして利用してもらうことで、運用しています。

アンケートや記事作成についても、依頼報酬の中からポイントを払っています。友人紹介制度についても、広告を出さずに、口コミを使って宣伝してもらい、その特典で稼いでもらうことでポイントサイトの魅力を拡大する効果にポイントを絞っています。

どの方法も成果報酬のため、無駄がないのです。

通常のポイントサイトに関して言えば、出どころが分からないお金はありません。換金実績を確認したり、口コミが高いサイトを使えば危険性はほぼ無いと言えるでしょう。

ポイントサイトは「げん玉」と「モッピー」が有名

ポイントサイトの中で、優良サイトとして挙げられるのが「げん玉」と「モッピー」です。

げん玉

10ポイント1円で、16歳以上から利用できます。登録利用料金は無料です。

毎月1回手数料無料で、3000ポイント(300円)から指定口座や電子マネーへ交換可能です。

Vプリカ、iTunesの場合は500円から、G-MONEY やMobageモバコインカード、楽天Edy、ウェブマネーなどへも交換可能で利用の幅も広いと思います。

提携サイトの量も多く、人気No1のサイトとなっています。

モッピー(moppy)

1ポイント1円で、12歳以上から利用できます。登録利用料金は無料です。

ゆうちょや各銀行で現金化ができるほか、VプリカとiTunesは500円から交換可能です。

他にアマゾンギフト、モブキャスト、ドットマネー、ウェブマネーもあり、換金専門サイト「PEX」へ交換すれば、モバコインやTポイントなどにも交換可能です。

モッピーは、携帯やスマホで稼ぐことができるサイトとして有名になりました。ミニゲームでのポイントの付きやすさはポイントサイトの中で最高で、友人紹介制度も秀逸。今、一番勢いがあるサイトと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です