「dTV」月額550円 12万本見放題

dTVは、月額550円(税込)で12万本以上の作品を視聴できる動画配信サービスです。

「安くてお得」と感じつつも、月額550円という料金設定に、「いい作品は少ないのでは」と考える人もいると思います。

私自身も利用前は、そのように考えていました。

ただ、利用してみると、バラエティ番組やドラマなど、他サービスに引けを取らない豊富なラインナップを楽しむことができました。

ということで、今回はdTVのいいところ、不満なところなど、利用する前に知っておくべき知識についてまとめてみましたので、ご覧ください。

dTVとは

dTVは、エイベックスとNTTドコモが協力して創業し、エイベックス通信放送株式会社が運営会社となっています。

なお、ドコモユーザーでなくても登録可能です。

dTVで視聴できる作品数は冒頭でも触れた通り、12万本以上となります。

エイベックスが運営会社なので、映画やドラマのほか、アーティストのライブ映像も堪能できます。

dTV基本情報
月額料金(税込) 550円
作品数 12万本以上
同時視聴 不可
対応デバイス スマートフォン、PC、TV
画質 4K対応もあるが、SD~HD多め
無料お試し期間 31日間
公式サイト https://pc.video.dmkt-sp.jp/

メリット6選

ここからは、私がdTVを利用して感じたメリット6点について解説していこうと思います。

月額550円と低価格

dTV最大の一番の目玉は、なんといっても安価で動画を楽しめるところでしょう!

dTVは、動画配信サービスの中でもかなり安く、月額550円というなんともお得な料金です。

これは動画配信サービスの中でも相当安い料金設定です。

大手5社との比較表を下記に挙げます。

サービス名 作品数 月額料金(税込み)
dTV 約12万本 550円
hulu 約6万本 1,026円
U-NEXT 約14万本 2,189円
Amazon prime video 約3万本 500円
NETFLIX 未公開 880円
FOD 約3万本 977円

上記表のように、月額550円の低価格で10万本以上の作品を視聴できるのはdTVだけです。

オリジナル番組が楽しい

dTVは、独自制作のオリジナル番組が、なんと257作品もあるのです。

ジャンルは様々で、人気バラエティ番組「ゴッドタン」や、ドラマ「不能犯」など、dTVでしか視聴できないオリジナル作品が堪能できます。

さらに、邦画のスピンオフもあり、「闇金ウシジマくん」や「相棒」といった人気ドラマのオリジナル作品が映画と同じキャストで視聴できます。

スマホに動画をダウンロード可

dTVは、スマホやタブレットに動画をダウンロードできるため、外出先でも通信制限を気にせずに動画を楽しめます。

とくに短時間で視聴できるアニメや、バラエティ番組が豊富なため、外出した際の空き時間などの利用にぴったりです。

ダウンロード方法はかなり簡単です。作品横の「ボタンをタップ、画質を選択する」のみ。

20分ほどのアニメであれば1〜2分あれば終了です。

マンガも読める!

dTVは動画のみではなく、マンガも読めちゃいます。

好きなアニメやドラマ作品を原作から読んだりすることもできるので、お得ですよね。

電子書籍で読むようなものではなく、1話単位で動画になっているのを見るという形です。

なので、自分のペースで読むことはできません。

でも、セリフが付いていて、シーンに応じた演出がされているため、原作をアニメ感覚で視聴できるのはいいかもですね。

進撃の巨人」や「モテキ」などの有名作品もあります!

ライブ映像も見られる!

dTVはドラマや映画のみならず、ミュージシャンやお笑いのライブ映像も視聴できます。

音楽は、三代目J Soul BrothersやAAAなど、お笑いは東京03やナイツ、サンドウィッチマンなど、人気のライブ作品を見ることができます。

VRでも視聴可

dTVでは、360度パノラマの立体映像を楽しむことができるVR(バーチャルリアリティ)のライブ映像が配信されています。

ただ、VR映像を視聴するためには、VR専用のゴーグルと無料アプリのダウンロードが必要にとなります。

専用ゴーグルで臨場感あふれるライブ映像をお楽しみください!

韓流ドラマの作品が豊富

dTVは、韓国ドラマの作品数が豊富です!

コンテンツとしての海外ドラマは700作品ほどで、そのうち500以上の作品が韓国ドラマといういから驚きです。

韓流好きの方にはたまらない特典です。

デメリット3選

ここからは、デメリットについて書いていきます!

契約してから、「しまった」と思わないためにも、きちんと確認していきましょう!

最新作は有料レンタル多数

dTVは、最新の韓国や台湾ドラマは充実の取り揃えですが、その他の海外ドラマや映画の最新作はほとんど有料となっています。

価格に関しては、映画は500円、ドラマは1話300円という感じです。

確認してみると、無料で見放題となっているのは、2020年現在、2017年以前のものが多いようです。

複数端末で同時視聴不可

dTVは、2つ以上の端末で同時視聴不可のため、家族、カップルで利用を考えている場合は、注意が必要です。

家族やカップルで、同じアカウントを共有して利用する場合は、話し合って動画を見るタイミングを決めておきましょう!

4K対応作品は少なめ

dTVは、「キレイな映像で動画を見られる!」と紹介されています。

テレビで動画を見るときは、フルHDや4Kのキレイな映像で視聴したいと考える方も多いと思います。

しかし、フルHDや4K対応の作品はほとんどないのが現状です。

ただスマホやタブレットだと、HDでも十分キレイです。

「スマホで動画を見る!」という方は、dTV利用でも不満は少ないでしょう。

ゲーム機で視聴不可

ほとんどの動画配信サービスでは、PS3やPS4などのゲーム機利用で、テレビで視聴が可能です。

しかし、dTVに関しては、ゲーム機に対応していません。

dTVは大画面での視聴には向いていませんが、少し不便かもしれません。

dTVをテレビで見る方法

でも、やっぱり、テレビで見たいという方もいると思いますので、その方法も少し紹介しておきます。

下記の機器を使えば、dTVの動画をテレビで視聴可能です。

・アプリダウンロード可能なスマートテレビ
・ひかりTVチューナー (ドコモ契約者のみ)
・Amazon Fire TVやApple TV、Chromecastなど
・dTVターミナル

dTVターミナルについては、テレビでdTVを視聴するための専用端末です。基本的にリモコンで操作できます。

まとめ

ワンコインで利用可能なdTVは、相当お得な動画配信サービスといえるでしょう。

海外サービスに比べ、国内向けの作品が多数あり、あまりテレビを視聴する時間がない方におすすめですね。

ぜひ無料体験に登録して、好きな時間に動画を楽しんでみてはいかがでしょうか?

視聴はこちらから!!

↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です